« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006年7月 7日 (金)

フライトプラン  映画評vol.22

060119_02
いや~~
久しぶりのジョディーの主演映画ということでそれなりに楽しみにしていた作品だった。

’ジョディー。。。。老けたな。。。。’

最初の印象だった。

スタートはまるでシックスセンスを彷彿とさせるような心霊もの?と思わせる始まり方。
自分の娘が密室の飛行機の中で行方不明になる
ストーリーは面白いんだけど、
飛行機に乗り込んだ時点で、犯人が分かってしまった。

おおおおおおーーーーーい


って叫んでしまったよ。
しかもそこからユージュアルサスペクツのように大ドンデン返しあるかと思いきや
全くなくあ~~あって感じ。
飛行機のクルーが全員何らかの要因でその事故にかかわっているなら面白かったんだけど
犯人わかった上で、娘の隠し場所まで分かってしまった。
ジョディーのがなり演技だけが目立った作品だったな。結局犯人と彼女の関係がものすごく弱く終わると「で?」と問いたくなってしまった。まあジョディーが悪いというよりも原本が悪い。

似ている映画でパニックルームって作品があったけどまだそっちの方が良かったな~
13歳にしてコールガールを演じた「タクシードライバー」
残忍なレクターと闘う「羊たちの沈黙」といい映画に出てるのに
あれだけの芝居が出来るのに。。。。。。。。

今回はまったくもって演技でない気がしたよ。。。。
残念な作品だ

フライトプラン DVD フライトプラン

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/05/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »