« 明日の記憶   映画評vol.19 | トップページ | 「シスの逆襲」 映画評Vol.21 »

2006年6月28日 (水)

春の雪    映画評vol.20

50737791_156s_1最近めっきり寒くなり背がでかい僕もなんだか
小さくなったりしている。

ここにきて早4ヶ月目早いものである。
月末月始の忙しさにもなれた
当然この時期は毎日3時帰りの8時30出社。

そんな中新橋に予定ができた
ついでにお台場まで足を伸ばし
「春の雪」
を見てきた。

何故お台場?
僕が思うに都内の映画館で最高クラスは
お台場と六本木。音響設備もさることながら、
’快適さ’
でいうなら絶対に最高である。
視界に他人の頭が入らないのはあたり前である。
イタリアの映画館はそれがきちんとされている。
どんな老舗の映画館でもである。
やはり”映画”の文化の違いだろう・・・・・
長時間座っても疲れない幅。
50737791_177s_2

まあ映画館の話はいいや〜
日曜日に行ったのにぜんぜん空いていた。
空いている映画館は大好きである。
自分だけのために映画を上映してくれている感じが
たまらん。
イタリアでもよく”一人”でみていた。

日曜日にスーツを着てお台場に一人という状況も
どうかと思ったが、思いっきり泣けるからいいや
などと考えて始まるのを待つ

この映画は三島由紀夫原作「春の雪」を映画化したもので、
この秋話題を独占していた。主演に妻夫木聡、竹内結子、
脇に高岡蒼佑、及川光博 監督行定勲(僕の大好きな’ひまわり’話題になった’世界の中心で愛を叫ぶ’この監督は、本当に優しい光を出す人。)


2人の切ない(煮え切れない)関係
う〜ん
一番感動したのが高岡蒼佑くんが演じた本田だろう
奈良に彼女に会いにいった松枝清顕が高熱で動けなくなったのをみるや
東京に引き戻さず彼の代わりに彼女を説得にいく
あの友人への愛
普通あそこまではできない
それを普通にやってのけている彼がすごい
というか其の演技をやってのけた彼がすごいのだろう・・・

映像から友への友情がひしひしと伝わってきた。
俺はあそこ目指してたんだな〜

内容で泣けず友の友情で涙してしまった。

映画は原作に勝てない!!
これは間違いではなかった。


しかし
あれほどに主題歌と映画の逢わないものは久々だった.


<ストーリー>
侯爵家の嫡子・松枝清顕(妻夫木聡)と、伯爵家の令嬢・綾倉聡子(竹内結子)の幼馴染が、いつしかお互いに淡い恋心を抱くようになっていた。そんな折、聡子が宮家の洞院宮に見初められて、縁談話が持ちあがる。清顕は聡子が自分のものにならないことを知るや、初めて彼女を愛していることを自覚し、激しく聡子を求めるのだった。一度は清顕への想いを断ち切ろうと決めたが、次第に彼の愛を受け入れるようになる聡子。ふたりは逢瀬を重ね、束の間の愛に身を焦がすが、運命は過酷にも愛し合うふたりを引き裂こうとしていた…。





春の雪


DVD

春の雪


販売元:東宝

発売日:2006/04/28

Amazon.co.jpで詳細を確認する




春の雪


Book

春の雪


著者:三島 由紀夫

販売元:新潮社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 明日の記憶   映画評vol.19 | トップページ | 「シスの逆襲」 映画評Vol.21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109969/2408634

この記事へのトラックバック一覧です: 春の雪    映画評vol.20:

» NO.153「春の雪」(日本/行定勲監督) [サーカスな日々]
「春の雪」から五年、連作最終話を渡して、 三島由紀夫は転生への旅に出た。 「勝ち組と負け組みの二極化社会」「セレブ主義」「六本木ヒルズ族」・・・超社会主義国家といわれた日本にあって、少し「格差」が露骨にみえる現象がおきると、すぐにマスコミによってレッテル張りされることになる。テレビでは「現代のお殿様(マダム、お嬢様)」と称して、お屋敷が披露されたり、飾り付けられたブランド品の数々が、紹介されたりする。そんなものをどれだけ露�... [続きを読む]

受信: 2006年7月12日 (水) 18時58分

« 明日の記憶   映画評vol.19 | トップページ | 「シスの逆襲」 映画評Vol.21 »