« プロデューサーズ   映画評vol.18 | トップページ | 春の雪    映画評vol.20 »

2006年6月27日 (火)

明日の記憶   映画評vol.19

128888533_249s

毎週糸井重里さん編集のほぼ日という日記を購読している。
そのなかで、渡辺謙主演、渡辺謙プロデューサーの作品
「明日の記憶」という映画の試写会応募があり、送ったら当たった。
この試写会はほぼ日編集長である.糸井さんが企画し実現したもの。
有楽町にある読売ホールで行われた。
映画館は結構老舗。席は一つ一つせまく東京では珍しいつりスピーカー(近代映画館は壁にスピーカーが埋め込まれている.)キャパはかなり大きく1100。席の幅は 狭いけど結構好きな映画館だった.

作品はこれから始まるので内容は言わないようにするけど
かなりよかった。
主演の渡辺謙さんが一人良いのではなく周りがめっちゃ良いから
よけいに謙さんの良さがでていた。

またまた号泣!!
最近、映画館で泣く時全く周りを気にせず泣けるようになってしまった。。。。。。歳なのかはたまた慣れてしまったのか。。。。

その後のトークショーは糸井重里、渡辺謙の縁側話みたいだった。
でも糸井さんも言っていたこの縁側話ができる映画だった.

彼らのトークのほぼ日で掲載しているメールがベースになっていた。それもありとても’深い’話しだった。
いわゆる渡辺謙の映画感と伝えたい事の話しだったから、僕らファンにとってはたまらなく面白く楽しい時間だった. ただ少し長かったが。。。。

役者一筋でいたとき常に自分の中であった映画に対する考え方、役に対する考え方が渡辺謙さんと全く同じだった事が本当に嬉しかった。
と同時に糸井さんと渡辺謙さんと同じ思いで映画に向かえているのがたまらなかった。映画に関わる仕事やりたい!!!!!

試写会は何度か足を運んだがここまで出演者のトークに引き込まれたのは初めてだった.
渡辺謙さんはこれからハリウッド作品が続くが
どんな映画に出ても’映画人渡辺謙’であってほしい。。。。

内容はこちら
「明日の記憶」
http://www.ashitanokioku.jp/

<>

<>


明日の記憶
Book 明日の記憶

著者:荻原 浩

販売元:光文社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« プロデューサーズ   映画評vol.18 | トップページ | 春の雪    映画評vol.20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109969/2395215

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の記憶   映画評vol.19:

« プロデューサーズ   映画評vol.18 | トップページ | 春の雪    映画評vol.20 »