« グーニーズ   映画評vol.16 | トップページ | プロデューサーズ   映画評vol.18 »

2006年6月27日 (火)

グラディエーター   映画評vol.17

101061151_164s101061151_172s101061151_254s








グラディエータ
イタリアにいた時、 英語・イタリア語で公開終了までの間に10回映画館で見た。
(イタリアの映画は一週間で劇場が変わる。)
ローマの中心からわざわざ郊外まで足を伸ばし
何度も映画館に足を運んだ作品。
大好きなローマ帝国の話ということもあり、
その当時、映画の舞台になるコロッセオで2000年記念オペラが開かれ、そのオペラの音響という素敵な仕事を運よく手にしていたこともあり、何回見ても飽きなかった。

コロッセオは当時の最高建造物と呼ばれ
地上・地下併せて6階。更に開閉式屋根がついていた。床部分には様々な仕掛けが施され剣闘士(奴隷)の戦い、ローマ帝国の歴代の戦の再現(お芝居)、奴隷VS猛獣が日々行われ今のトトカルチョの前進であるギャンブルが流行していた。
今でも観客席を歩いていると当時のコインが埋まっているところがある。

あそこにいった方なら判ると思うが、今見えているコロッセオ内はすべて床が落ち奴隷たちや猛獣達の控え室になっていたところである。
その今はなき床に特設舞台を設置しオーケストラ、観客を入れてオペラをやった。
コロッセオ内に入ること許されたのは日本人でも僕だけだと思う。ケーブルを這わすために地下に降りたが、そこはとても冷たく墓場よりも怖かった。地下の柱にはいろいろな傷が残っていた。
これから殺される人たちはここでどんなことを考えていたのだろうと思い身震いしたのを覚えている。
戦争での修復や増築のためコロッセオの石材が建築材料として使われ今の形になっているのである。
地下鉄も通っているのだが、あのあたりは掘れば何でも出てくるためとても大変な思いをして地下鉄を通したみたいだ。
昔のままを使いながら、現在は住居スペースにしたり、劇場にしたりしている。

まあそんなわけでこの場所には格別な思い出があるわけですよ。
あと少しとあと少しと思いながら結局最後まで見てしまった。

いろいろな映画を見てきて
ここまで見たのはこの映画だけである。

おかげでさすがに眠い・・・・

<>

<>


グラディエーター
DVD グラディエーター

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

発売日:2006/01/27

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« グーニーズ   映画評vol.16 | トップページ | プロデューサーズ   映画評vol.18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109969/2394804

この記事へのトラックバック一覧です: グラディエーター   映画評vol.17:

« グーニーズ   映画評vol.16 | トップページ | プロデューサーズ   映画評vol.18 »