« ゲルマニウムの夜   映画評vol.13 | トップページ | OUT 映画評vol.15 »

2006年6月27日 (火)

有頂天ホテル  映画評vol.14

75231760_205s俺の大好きな麻生久美子
役所広司、佐藤浩市、松たか子などそうそうたるメンバーを集めた三谷幸喜最新映画「THE有頂天ホテル」
まさに晴天って感じの娯楽エンターテイメントである。 テンポがよくて笑いどころ満載。
日本版「フォールームス」のようなストーリー展開
それよりもスムーズかな 。。。。まあそんな感じ。
ここまでキャラの強い人を使えば面白くなければ詐欺である。
本当に何も考えずに楽しめる作品だった。
それにしても麻生久美子は綺麗過ぎる・・・・

三谷幸喜作品は内容よりもテンポが好きである。




THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション


DVD

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション


販売元:東宝

発売日:2006/08/11

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ゲルマニウムの夜   映画評vol.13 | トップページ | OUT 映画評vol.15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109969/2394319

この記事へのトラックバック一覧です: 有頂天ホテル  映画評vol.14:

« ゲルマニウムの夜   映画評vol.13 | トップページ | OUT 映画評vol.15 »