« ジョゼと虎と魚たち 映画評vol.2 | トップページ | TAKESHI'S 映画評vol.4 »

2006年5月30日 (火)

ダ・ヴィンチ・コード 映画評vol.3

この間の休みに仕事に行く前の時間を利用してこの春の話題作を見てきた。
まだまだ公開一週間
これから見に行く人もいると思うから内容は伏せておこうかな。
とは思いません。

いつものようにいきますよ~。
読んだら面白みがなくなるという人はスルーしてくださいな。はい

映画館はほぼ満員 注目度の高さが伺える。
映画を見る時にいつも心がけているのは前評判や予告編を
いっさい気にしないということだ。
予告編というのは人が見たい!!と思うように作っているため
ふたを開けると意外にたいしたことないときが多い。
また評判もしかり映画を選ぶ基準にはなっても
正直あてにならない。
早まる気持ちを抑えながら、
原作のイメージをいったん頭から外してみた。
この作品は本当に原作のイメージが大きく、
実際作品をフィルムで見ると’大切な物’が見えなくなると思ったから。

なかなか面白い作りになっていた。
原作を読んでいたことが悔やまれる。
きっと原作を読んでいなければ、
もっとドキドキハラハラがあっただろう

トムハンクス 、ジャンレノの演技もさすが
もうベテランの域に入るが彼らが作品を締めているのは
いうまでもない。
物語が架橋になるにつれ面白さが増していった。

トムの台詞がこの映画のすべてだろう
それを書くと殺されると思うので見てください。
その台詞を見つけてください。
ヒント?信仰の自由ってところかな

期待以上ではなかったけど期待以下でもなかった。
原作を読んでいない人は、原作を読まないと
若干わかりづらいところもある。
しかし読んでる人にとっては
ドキドキ感が薄れる作品である。

映画の鉄則’オリジナルは超えられない’

若干の物足りなさは感じるけど楽しめる作品である。
劇場でトムの台詞をみつけてくださいな。

☆☆☆☆

ダ・ヴィンチ・コード(上) Book ダ・ヴィンチ・コード(上)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダ・ヴィンチ・コード(中) Book ダ・ヴィンチ・コード(中)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダ・ヴィンチ・コード(下) Book ダ・ヴィンチ・コード(下)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ジョゼと虎と魚たち 映画評vol.2 | トップページ | TAKESHI'S 映画評vol.4 »

コメント

teketekeさん
トラックバックありがとうございます。
この作品は好きな部類に入りますね~
絵には聖書の意味がとても多いですよね
これからもちっと勉強してみたいですよ
コメントの方も宜しくです。

投稿: しずる | 2006年6月 1日 (木) 11時25分

優希さん
トラックバックありがとう
ちょくちょく遊びに来てくださいな。

投稿: しずる | 2006年6月 1日 (木) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109969/1997288

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード 映画評vol.3:

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 18時56分

» [ダ・ヴィンチ・コード]監督フィクションと明言やはり作り物だった [テケテケのキリストあれこれ]
<コメント>  映画「ダ・ヴィンチ・コード」はスリラー、ミステリーとして作られた、「フィクション」と監督が明言した。世界の人口の1/3以上がクリスチャンと言われているが、反感を持つクリスチャンからの興業収入を期待していた事が明らかとなった。「すべて事実です」などと宣伝せず、フィクションの娯楽です!と出していればこれほどのバッシングはなかったと思う。しかし、そうすればここまで話題にならなかったでしょうね�... [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 11時14分

» ダ・ヴィンチ・コード [美人手帳]
ダ・ビンチ・コードを観てきました。実は、上映初日に映画の前売りを入手して、観てきたのでだいぶたちます。 知的好奇心をくすぐる映画でした。今、 文庫本のダ・ヴィンチ・コード を買ってきて読んでいます。中巻まで読めました。 映画は、あっというまにストーリーが....... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 22時51分

« ジョゼと虎と魚たち 映画評vol.2 | トップページ | TAKESHI'S 映画評vol.4 »