« KING KONG 映画評vol.1 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード 映画評vol.3 »

2006年5月30日 (火)

ジョゼと虎と魚たち 映画評vol.2

友達に「ジョゼと虎と魚たち」を借りた

(監督) 犬童一心
(音楽) くるり
(出演)妻夫木聡  池脇千鶴  上野樹里
    Sabu  板尾創路

当時妻夫木君のベットシーンがあるということで話題を呼んだ作品。
あのとき映画館の前まで足を運びながらも結局見れなかった作品。
色々なレビューに最高の2文字が踊っていた作品。

期待してみる。
恒夫がジョゼに惹かれて行くまでとてもいい話しであった。
話しが進むにつれ盛り上がって行くストーリー
突如の別れ。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。

end........

え ん ど????????

思わずえーーーーーーーーー
と一人突っ込み

中盤までとてもいい話しだった
いい話しだっただけに悔やまれる終わり方

妻夫木よ~~
と意味もなく彼に突っ込む

君が悪いのではないのだ
君が悪いのではないのだ
全部脚本が悪いのだ

久々に納得いかない映画であった。
何度も言っているが映画は見る人が違えば
感じ方も違う.だから面白い。

映画は十人十色で色が変わる
見方もストーリーも
いくら下馬評が高くても、中身は。。。となるものも多い
いくら下馬評が低くても、中身は最高となるものも多い
だから映画は面白い
だから映画はやめられない

それが映画だ

今日のはずれは明日の当り

☆☆

<あらすじ>
マージャン屋でバイトをするごく普通の大学生の恒夫。最近麻雀屋で近所の婆さんの話題が噂になっていた。「あの婆さんは運び屋で乳母車の中は大金?麻薬?」そんなある日、恒夫は坂道を走ってくる乳母車と遭遇。中をのぞいてみるとそこには包丁を振り回す少女が。それが恒夫とジョゼの出会いだった。恒夫はそんな不思議なジョゼに惹かれてゆく・・・。

ジョゼと虎と魚たち(通常版)

DVD ジョゼと虎と魚たち(通常版)

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2004/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« KING KONG 映画評vol.1 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード 映画評vol.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109969/1997158

この記事へのトラックバック一覧です: ジョゼと虎と魚たち 映画評vol.2:

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 18時56分

« KING KONG 映画評vol.1 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード 映画評vol.3 »